福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

2017年4月より水曜日は毎週完全定休日。

今年は山屋なのに練習ばっかりで全然プロジェクトが進みませんでスミマセンでした。毎週水曜日が雨な上に台風上がりの三本槍崩壊現地で寸止め
b0320794_15384457.jpg

と夜中の満月銅沼と紅葉写真撮影直前まで快晴なのに夜曇り空振りでやる気ゼロになりました。半田山の道は30kgの荷物を背負い上り下りを繰り返せるようになりました。
b0320794_1539926.jpg

b0320794_15392846.jpg

根っこまで全て覚えました。


我がジムニー。
先日の横浜ジムニーの旅で停まること5回。
相変わらず原因がわかりません。

今回電磁式燃料ポンプの故障?と疑いHEATさんに教えてもらいながら自分で直してみました。どうせまた壊れるから今度は自分一人でできるように。
結局失敗して渋滞作っちゃいましたが(´`)

ジムニーが道の真ん中で止まる理由を探ること四年。
買ってから合計100回はとまったか。今年は特に止まりました。「とまる」の定義は停まるとは再起動出来た場合、止まるとは工場行きの事です。

止まり道の真ん中で諦めて寝ていたら救急車を呼ばれたこともありました(つд`)ヒッチハイクで店をオープンした事もありました(つд`)

20万で買ったオンボロジムニーはサーキットも峠もゼロヨンもやり自分は車に詳しいと調子こいていた私に、実は車に乗っているだけでメカニックなことはなーんにも分かっていないことを教えてくれました。

ボンネットを開けてどこに何があるのか、判るようになった1年でした。

点火はキーをひねり通電する事により電磁化されたcdiを介し強化プラグコードを介しギャップを1.2mm広げたプラグにてスパーク。プラグの開きが新品ではばらついている事を初めて知りました。デストリビュータを介し燃料ポンプからガソリン、エアクリーナーから空気がキャブレターに送られ気化したガソリンとちょうどよいエア量をチョークで調整してやることによりエンジンが動きます。…と思います。

冬はキャブは気化熱でオーバークールを起こし凍り付き不動となります。でも燃料ポンプも壊れるとエンジンにガソリンが供給されません。
原因がわからない…一つ一つ疑わしい箇所を直し潰していくのみなんですね。
ミッションも3回も脱落するし。
なんなんだこの車は…

みんなこうやって手放して行くのでしょう。
旧車の人がよくボンネットを開けているのが分かりました。

旧車乗りたるものメカニックたるべし。

僕はジムニーの神様と呼ばれるOTさんと偶然にも知り合い
「この車を30年乗ります」
と言ったら全力で笑われ
「無理無理!」
と言われました。

今ならその理由が分かりますがなぜ車は動くのか?なぜ今の車は壊れなくなったのか?なぜ昔の車は壊れるのか…
それを勉強させてもらっている最中だと思います。
なのでこいつだけは手放したくないのです。

今年は水曜日の天気も車の調子も悪く修行に徹した1年でした。しかし雨が降ると分かっていながら新月の夜を歩いてみたり。
山頂で夕日を撮って夜歩き帰宅してみたり。
危険な条件、過酷な重量を体験することで地力は確実に上がった。
そろそろ山も雨もなかろう。雪なら不快感も少ない。
そしてジムニーの調子が年始に比べだいぶ良くなってきた。
私はプロジェクトもクラシックジムニーも諦めません。

そこで英断です。
残されたスパルタンで遠方の山を落とす為。

2017年4月より水曜日の19時からの営業は廃止します。

福島新100名山のPEAKを刻むその時まで。
ペースを上げてこいつと共に2017はピークを踏みまくります。

[PR]
# by mspeak | 2016-12-31 15:41 | 2017年4月以降の営業時間。

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite