福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

高柴山。ヤマツツジ開花時期を外して歩く。

6月22日。曇り。
ソロ登山に慣れてくると人とすれ違う事自体に安心を感じたり救われたりする事がある事を額取山で学んだ前回。
どこの山にも適山期というものがあります。
これは標高0mの気温から登山道の標高を考慮して暑すぎたり寒すぎたりしないか、という事が一つの目安となると思います。
この高柴山は適山期は6月までなのですが2016年は暖冬過ぎて花の盛りが2週間から1か月ずれていました。
標高も山頂で884m。高低差415m、駐車場からだと300mも登らない安全かつ初心者向きの山です。
この山の一番の見どころは山頂に植えられたヤマツツジの群生。
この時期は激混み、とガイドブックには書いています。
その時期に行くとソロ感が薄れると思ったのと。
あまり人の多い山は好きではない事が分かりましたので(;・∀・)
苦しい山ってあるじゃないですか?
まあ全てが苦しい訳ではありませんが苦しい箇所のある山、としておきましょう。
倒れてもどうにかなる感が難易度を下げるという事、またほんとーにキツいところだといちいち「こんにちはー」と言っている場合じゃなくなるという事(笑)
こんなのどうでしょう?

b0320794_1952925.jpg

どうです!山屋さんになめてんのか?と怒られそうなこのデザイン。
明らかに燃え尽きている方などたまに見ると声かけづらいですよね。
こういうのがあってもいいんじゃない?と思っちゃいます(;・∀・)
今回のようなハイキングチックで写真に浸りたい時など、あまりしゃべるのがイヤという方にもバカ売れです。
誰か作ってください。大手の山屋さん、お願いします。10枚仕入れます。

というわけで、適山期を外してみました。

見事に人っ子一人居ないソロ登山。
b0320794_19545312.jpg

b0320794_1955840.jpg

エントランスの案内板、斜度、要所要所の見どころを設定してくれたりと管理者が登山者を楽しませようとしてくれているのがとても好感のもてる山です。
どこが入口だか分からないような山も阿武隈連峰の場合は多いですからね。。。

さて、実際に登り始めると少しばかり急で、お!?となるのですが。
b0320794_19562537.jpg

b0320794_1959872.jpg

一瞬で終わりまして山頂まで距離1kmというなんとものんびりした階段が現れます。
b0320794_2003267.jpg

どこまでも歩きやすい、根一つない土の道。
樹林帯が日差しから守ってくれますので案外暑くもない。

見どころの一つ、太鼓石。
b0320794_2015794.jpg

迫力は有りませんが光芒が射してイイ感じの雰囲気。
見どころ②、物見石。

b0320794_203779.jpg

石を登ると景色がなかなか。
b0320794_2035579.jpg

見どころ③、ご神水。
メインの登山道から片道1分と勾配も少なく寄り道しやすい。

b0320794_2045366.jpg

左方向にそれる脇道がある。山頂は右側に曲がる。
b0320794_2043678.jpg

b0320794_2055111.jpg

b0320794_2061329.jpg

キレイでほかの山と違い飲めそうな雰囲気。
そしてあっという間に山頂。
ヤマツツジはほぼ終わっていたが探せばまだ見れました。

b0320794_2071275.jpg

b0320794_2075177.jpg

b0320794_2081434.jpg

b0320794_2083043.jpg

b0320794_2084335.jpg

b0320794_2085883.jpg

ギボウシが代わりに咲いています。
やぐらの上からの景色はなかなかキレイ。
トイレも完備されており登山と言うよりこれはハイキングに近い印象です。

しかしこれが体力度1、額取山も体力度1?
なんだか納得いかない事ばかりです。
片方はスニーカーで行けそうだしもう片方は時期を間違ったら死にますよ。


ガイドブックの問題点は下記です。
難易度が3段階という事。
レポーターが大人数いて、体感を元にランク付けする為個人差が大きいという事。

もう少しプロジェクトが進んだら、一度難易度を10段階くらいに作成し直しランク付けを行っても良いかもしれません。
同じ人間がガイドブックの約60山+個人的抜粋による福島の名峰40山を登れば、徐々に体力はつくにしろ誤ったランク付けは起きないでしょうから。

そんな事を考えながらのんびり山頂で昼食、下山も特に疲れる箇所も無く危ない箇所も皆無。
冬のスノーシュー歩きにも良さそうな印象です。
とにかく歩きやすく親切丁寧な看板と行き届いた管理には地元の方の高柴山への愛が感じられました。


[PR]
by mspeak | 2016-08-19 20:09 | 高柴山

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite