福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:口太山( 1 )

森を満喫、口太山。お手軽満喫。

なんだかんだうだうだと正月から休まず働き通した2015の年末~2016の2月。
山の雪も去年に比べぜーんぜん積もらない。
蔵王は有るようだったが福島の山しか行かないと決めていたので今年はパス。
結果寒々しい枯れた景色にどうも山のモチベーションが上がらないまま月日は流れた。。。

そうだ、2015の10月以降のPEAK Projectを上げてなかった!
忙しさを言い訳にしてはいかん。
ちゃんと行っておりました、まとめて上げ続けてまいりたいと思います。
しかし2016年の3月に2015年の10月初旬の報告って。。。スミマセン(;‘∀‘)


紅葉シーズンの始め10月初旬。
会津方面は来年に持ち越し阿武隈連峰の1000m級の山々の紅葉狩りを満喫する事にしました。


私の知る限り2013シーズンは紅葉の不作でした。
2014シーズンは移転オープン騒ぎで山には行けず。
2015シーズンは寒暖の差が強かったのかどの山に行っても紅葉が素晴らしい。

この口太山も夏には適さない低山ですが薄暗い山道のスポット光が木々の間から降り注ぎ。
カメラのテクニックアップにうってつけです。

駐車場もしっかりとアスファルトでできており、エントランスにトイレ有り。

b0320794_18532384.jpg

山頂が伺える山。
b0320794_18535488.jpg

10分も進むとキャンプ場が実質の登山口です。
b0320794_18542623.jpg

b0320794_18544698.jpg

とにかく薄暗い、山間部へのアプローチ部。

b0320794_18552291.jpg

すぐに木が横たわる橋を超え、緩い斜度の散歩道を行く。

b0320794_18555913.jpg

登山というよりハイキング、トレッキングに近い印象です。

沢沿いに降り注ぐ太陽が癒してくれます。
b0320794_18564879.jpg

b0320794_1857790.jpg

b0320794_18572764.jpg

猿滑りの滝からにじみ出る沢の水であった。

道標もしっかりしており下部は迷いようがない。

b0320794_1858846.jpg

もしかすると冬期のスノーシュー歩きの練習にも良い山かもしれません。
暗い道には意味ありげな地蔵が佇み人っ子一人居ない山は良く言えば静か、悪く言えば薄気味悪い印象。

b0320794_18583587.jpg

しかし標高を上げてくると次第に福島市が一望できるようなスポット、紅葉が迎えてくれました。
b0320794_1859930.jpg

途中猿の首取りという岩場あり。
b0320794_18593888.jpg

短いですが急な部分もあり雨上がりなどは注意が必要。
幅の狭い岩地帯が少し続く。

その先にある迷い平。

b0320794_1904286.jpg

突然開ける空き地のような、登りとも下りとも言えない不思議なゾーン。


まさにその名の通り、看板の矢印も道しるべのリボンも急に無くなる。
これは意図的なものなのか?
GPSが有っても山頂までの快適なルートがイマイチ分からず。

結局膝位あるやぶ漕ぎを300mほど強いられる事に。
b0320794_1914160.jpg

スズメバチが活性しているこの時期にこれがなんとも不安になるというか。
山頂が確実に近づいているのが分かるのですがGPS無しだと迷い平の手前を右往左往する事になるかもしれません。
半ば強引に山頂に到着。

b0320794_1921641.jpg

トンビが出迎えてくれた。

登りはじめは晴れていたが山頂の上空はあいにくの曇り空。
しばらく山頂でぼーっとしていると太陽がさしてきて風が何とも心地よい。

b0320794_1924990.jpg

時計回りに石尊神社コースを下る。
b0320794_1931873.jpg

少し急な下りとなるが一本道で迷うことの無い山頂部。
道標もしっかりしている。

b0320794_1935424.jpg

下部にいくほどスタート地点のような森に囲まれた細い道へと変わっていく。
b0320794_1982065.jpg

b0320794_1985187.jpg

難易度、危険度共に地元の小さな山、という印象ではありますが人の居ない山歩き、やぶ漕ぎの練習にはうってつけの山です。

正直蒲生岳の後だった、という事もあってか阿武隈連峰の山というとなんとなく暑くて虫が出て景色がイマイチという印象になってしまいました。。。
これから先、阿武隈連峰やいわきの山を登るに際し会津エリアの高度のある山と比べてどうもモチベーションが上がらない日々が続くのかなーと。

しかし、そんなことは無かったのです!楽しい山は中通り浜通りにもあります!!

[PR]
by mspeak | 2016-03-03 19:32 | 口太山

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite