福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:赤面山( 1 )

赤面山。小学生の遠足コース?

3か月もPEAKプロジェクトの更新が滞ってしまいました(;´Д`)
みなさーーん!僕は生きてます!山に毎週行ってますよ~!!
というのも今は8月の初旬。
なんと先週で7週連続の水曜日悪天候。
それに展示会が絡んで全く晴れの山に行けませんでした。。。
諦めて山に行かざるをえなかったわけですがこれが最低。
PEAKは踏めるのですが景色がぜーんぜん伝わりません。
PEAKプロジェクトの目的は
〇福島の山を全くの初心者が行く。初心者に伝わる本当のところ。
〇商品のフィードバック。
〇PEAKを踏む。
〇美しい景色を最高の写真で伝える。
このうち写真で伝える、の部分がまーーーったく伝わらない事が分かりました。
2015シーズンがあまりにも天候に恵まれてしまった為気が付きませんでした(笑)
毎週末晴れ!
毎週水曜日雨!

運、非常に大事!!

仕方ないので始めたトレーニングについては次回以降にご説明するとして。。。

時は2016年5月25日までさかのぼります。
最終水曜日、天候は曇り。
これをもってまともな天気が今まで無くなってしまったわけですがお世辞にも晴れているとは言えない日です。
ガイドブックの難易度、危険度は共に1。
前回の鹿狼山のような山頂まっしろな写真にならない事を祈りながら登るのみです。

今回私が選んだコースはガイドブックの推奨するスキー場からエントリーしPEAKを踏み、沢を下る大きく右回りコースではなくしんどい沢をピストンしてアスファルト歩きを省略するルートです。
アスファルト歩きで靴をダメにしたくないですし。
難易度も低い事ですしハードな方でピストンしようと。
小学生が行くコースと聞いたので完全になめてかかっております。
山の麓に着いた時間が12:30。
結論から申すと。
これがリハビリではぜーんぜんないルートでした。

沢コースの入口駐車場。

b0320794_22471228.jpg

橋の脇に5台ほど停められます。
歩いて1分、入口。

b0320794_2247481.jpg

だらだらとした緩やかな坂がアップにちょうど良い印象です。少し進むと赤面山へのエントリーとなる鉄製の階段。
b0320794_22482834.jpg

ここから先がおかしかった。

なんか急じゃね??

足場は乾燥した土と根の組み合わせで非常に歩きやすいのですがおもいのほか急。
b0320794_2250185.jpg

b0320794_22512123.jpg

次第に岩のハイステップが入り出し下りと登りのミックス。
b0320794_22522598.jpg

おいおい…
沢を登る逆回りコース、もしかして。

地雷??
突然現れる4の板。ロープ。
b0320794_22542571.jpg

不気味だ。限りなく不気味なんですけど。

なんだか登るにつれて白い花が増えて行く。
b0320794_22553361.jpg

樹林帯なうえに夕方になりつつあり、標高も1700m超え。
ああー!
もう!

めっちゃ急じゃん(´・ω・`)

しかしかなり涼しかったのが幸いしました。
更に白い花にピンクの花が混じりだして雰囲気は悪くない。

b0320794_22575828.jpg

スキー場との分岐点まで何とか到着。
b0320794_22584668.jpg

ほんと弱いなあ。。。

ここからはスキー場側に合流。
さて、スキー場側から行くとどれほど楽なんでしょ。
。。。

b0320794_22594876.jpg

なんと歩きやすい道。
眼下に広がる開けた景色。

b0320794_231482.jpg

上を見ても緩やかで危険個所も無い。

時計回り。

これなら小学生の遠足コースかな。。。

しかし時刻は既に15時。

かなりの体力を消耗し山頂までまだまだ距離も高低差も残して日は沈みつつあります。
相変わらずの曇天がいつ雨が降り出してもおかしくないのも不安材料。

b0320794_2315512.jpg

さて、スキー場のゴンドラ降り口を100mも進むと有りました、山頂へ続く山道。


b0320794_2324373.jpg

沢を登る時のような急斜面こそないものの、暮れ行く日と暗がり。
次第に稜線の強風が増していく不安感。
どうやら数字の看板は何合目か、を現している模様。

b0320794_234249.jpg

b0320794_2355156.jpg

4と8と9しか見つけらんなかったんですけどー!
山頂手前は吹き溜まりがあり恐ろしい数のメマトイが風を避けて溜まっている。。。
息を止めて突っ込む。
虫除けネットが欲しいと思ったのはこれが初めてだ。。。
まあなんだかんだで山頂手前のガレ岩を通過。

b0320794_2363876.jpg

16:30。
山頂に到着しました。

b0320794_2372563.jpg

b0320794_2373996.jpg

太陽は顔を見せず、雲海の上にいるのですが上空にも暑い雲が覆われている。
風速は10mというところか。
これは寒い。
下りはヘッドライト歩きを楽しもうと思っていたのでのんびりと休憩し太陽がわずかに顔を出す事を期待。
ほんの5分ほどであろうか。

b0320794_2383115.jpg

太陽がうっすらと夕陽を演出し、目の前の三本槍岳を照らし出していました。
この三本槍岳で星空を撮りたい!
今年の目標が燧ケ岳や駒ケ岳から三本槍岳、三倉山へと変わった瞬間でした。
もちろん栃木の茶臼側からではなくスパルタンな福島県側から、です。
さて、のんびり過ごした山頂。
日の入り18時まであと1時間30分です。

下山はほぼノンストップで行ける!
足場が良く急なところだけ神経を使えば。。。
日の入り前に終わらせる為のトレラン下山スタート!
とりあえずヘッドライトを使っての下山を試してみる事にしました。

b0320794_2393036.jpg

登り4時間、下り1時間30分。
逆回りコースは体力度2、危険度1です。
今年は夜歩きと星空撮影にも力を入れよう!
どうやったら三脚とヘビー級のカメラを克服できるのか?
この時はまさかずーっと水曜日、雨になるとは。
そしてあのような過酷な修行で強引に登山力を強化する事になるとは夢にも思いませんでした(;´Д`)

[PR]
by mspeak | 2016-08-07 23:10 | 赤面山

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite