福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:安達太良山( 2 )

冬の安達太良山でバックカントリー。クライマーズハイについて知る。

半田山で初のバックカントリースキーを経験してから2015年1月。安達太良山をバックカントリースキーする事になりました。
社会人時代からよくスキー場に一緒に行っていた同期が先だってバックカントリースキーをやっていたので一緒に行こうと声掛け。
半田山をご一緒させて頂きましたSさん、またHくんとお客さん2名、合計4名でのトライ!

…と思ったら同期の同僚さんが現地に集合していた。合計10名超。
b0320794_10203421.jpg

なんだかオオゴトになってきたっす(;´・ω・)

奇跡ともいえる超晴天。
出発時点ではほぼ無風の雲の少ない状態でした。
b0320794_1021895.jpg

まあ断る理由もないし大勢でワイワイ登ろうぜ~!という事でリフトを二本乗継ぎバックカントリースキーの入口へ。
冬季はゴンドラの止まる安達太良山。

リフトを降りるとそこに待っていたのは。
b0320794_10212976.jpg

ただの急斜面だったのであった(;´ω`)

見た瞬間思いました。
これ行くの??
どう考えてもこれは急だー。完全に自分、引きました。
そして他のメンバーに一応聞いてみた。
「この道見てちょっと引いてるひと~?」
一人だけ手を上げて後のみんなはさも当たり前のように出発の準備を始めている。
やっちまったーーー。

というか思い出した。

ゴンドラを使った安達太良山の左回り木道入口→山頂→縦走→くろがね小屋→馬車道を下った前回の真夏の安達太良山。
このコースは常に景観が良い事、またゴンドラでキツイ下部をやり過ごし気持ちの良い木道、ちょっと急な山頂付近、あとは縦走と下りのみ、馬車道はフラットで歩きやすい(自分はショートカットの泥道を降りたが)という初心者にも安心安全、かつ大パノラマを満喫できるコースであったのでしたが。。。
ゴンドラを使わない下から歩くルートはかなり急でキツイと誰かが言っていたわー。
夏でもキツいルートを雪道で、しかもスキーで登るなんて…

もう後の祭り、という事で板にシールを張り付け準備を進めてまいります。
ええ、行きますとも。

この日私が持っていった装備は
バーナー、バーナーヘッド、ケトルセット。
カップラーメンとおにぎり。
行動食。
着ているものとしてメリノウールのアンダー上下、ポーラテックのインサレーション、MAMMUTのソフトテック上下、ウールのニットにソックス、スキー用のグローブ。
汗冷えして死なない為のダウン。
そしていつもの一眼+超広角の重―いレンズ。
ラーケンの暖かい紅茶。
行動食。
GPS。
もちろんスキー、カカトの上がるバックカントリー用のビンディング、シールにシール保管用具。
これを背負うザックがドイターのツアーライト38L。

さてさて、この重―い装備と夏用のザックでどこまで軽快な皆様についていけるのか。。。

開始10分。
私は気づいたのでした。
冬の安達太良山のゴンドラ部分。
厳しすぎ。

スノーシュー、場合によってはつぼあしの皆さん、すいすいと進んでいかれますがスキー+シールのわたくし、急斜面と慣れない方向転換に足をとられ全然歩けない。
焦りからペースを上げてぜーぜー。
暑くて汗ダクです。
心拍数を整えるついでに美しい安達太良山の雪景色をご堪能下さい。
b0320794_10224641.jpg

もっとも誰から教わったでもないバックカントリーの歩き方、分かる方がおかしいというものでした。

ところがそんな入口500mでお荷物状態のわたくしにとってとてもラッキーだったことがございました。

ケツ持ちをしていただいていた以前の会社の先輩、Jさんです。
彼はバックカントリーについてわたしよりも遥かに経験値が豊富だったのです。
彼はいろんな事を教えて下さいました。

シールの歩き方。
方向転換の仕方。
この先に楽なポイントがあるからガンバって!などメンタル面でも支えて頂きました。
そしてなによりの収穫だったのが。

クライマーズハイへ気持ちを持っていく心構えです。

自分は今まで、大人数で行くと必ず最初はしゃべりっぱなし時にはZARDの負けないで♪を歌いっぱなしなど基本他のメンバーを楽しませようというノリでした。
集中して歩くというよりはしゃべって疲れて写真撮影とごまかしては休んでばかり。
きっとそうだったのだと実感しました。
ガイドブック通りのタイムで歩くこと自体が困難でしたから。
最初の30分は周りを気にすることなく自分のペースでゆっくりと歩き始める。
それもしゃべらずに、一人の世界になる為に黙々と。

それを聞いて、自分は早速その心構えで進んでいきました。
非常に辛かった。
でもしゃべらず、自分と対話し黙々と。
そして、やっとゴンドラの終着点です。
b0320794_1023179.jpg

急斜面が終わりここからは木道エリアのしばらくなだらかなエリアが続きます。

が、自分は正直完全に疲れ果ててしまっておりました。
慣れない片足10kg超の重りがついた足。
それはまるで奴隷が鉄球を足に結び付けられて罰を食らっているかのようでした。
安達太良山の剥き出しの岩が賽の河原の地獄絵図のようにすら感じ始めていました。

戻るならここが最終地点である。

スタートが遅かったからか、昼が近づいており山頂付近には雲が増え始め、風が出てきております。
自分はこのゴンドラ終着地点までは絶対に行ってやる!
その意志は強く持っていましたがここで考えようと思っていたのです。
戻るか、進むのかを。

それというのもゴンドラ終点を進んだら最後、もう戻る事が出来ないのです。
ブッシュと樹木だらけの寒い氷の世界、滑って降りる事は出来ないので戻りも歩きになるわけです。

正直自分はここで帰ろう、そう思いました。
全く使わないカメラ、バーナー類、夏用のザック、どこかで簡単だろうと勘ぐっていた安達太良山。
息一つ乱さない皆様を見て僕は愕然としました。
力の差、そして自分の心構えの甘さに。

「自分はここからゴンドラの方面に降りて滑って帰ります。」
正直この言葉を口に出しましたし一人ではきっと帰っていた事でしょう。
皆さんはただ、私を許してくれませんでした(笑)

「大丈夫!行きましょう!」
「もう少しで山頂ですよ!」

まーここから山頂まではだいぶ楽な事は分かってますよ。一回行ってますから。
でもそうか!山頂まで行ければ後は下り。
安達太良山山頂付近は樹林帯ではない。
山頂まで行ければ
スキーさえ履ければ

大丈夫なのではないか?

そして全く余裕であるという2人方に、情けない事ではございますが重い荷物を少しずつ持っていただくという最大限の屈辱を申し出ました。
これは悩みましたが皆の言う通り進む為の譲歩でした。
無理したら本当に倒れます。死ぬのは自分です。断られたら帰る予定でした。

当然カメラがあっては山頂手前でヘリコプター要請発動の予感がビンビンしましたのでここで私は山頂までの登り区間の写真を諦めました。
更にバーナーが意外と重い事が発覚。
こちらも譲渡。。。

なんと情けない。。。

こうなったらひたすら、正しい歩き方でクライマーズハイに持っていき必ずPEAKを踏んでやる!

3㎏軽くなったザックは恐ろしいほど軽く、とても軽快に歩けます。
最初からバーナーなど持っていかず、コンデジにしておけば。。。
そうすればこんなことにはならず皆にもついていけたのだろうに。

まあ後悔しても仕方なし。進むと決まったらやりきります。
歩くというよりは、すり足で滑らせて移動をする。
シールを用いたスキー登山のコツの一つです。
自分との戦い、ひたすらもくもくと。
もうほとんどしゃべらず、一定のリズムで登り続ける自分がおりました。
私のスローペースと出発時間の遅れも合いまり山頂付近の急坂、テッカテカのカッチカチゾーンにたどり着いた時には雲が出始め、風が風速10m程度は吹き始めておりました。
最初はメリノとインサレーション2枚だった恰好はハードシェルを羽織り、そのうえからダウンを羽織っても寒い状況でした。

これが冬山。

なんという恐怖感でしょう。
当然山頂に至るまでの写真はありませんが、テカテカの急坂にたどり着く頃にわたしは不思議な感覚に包まれておりました。
みなと離れすぎる事も近づきすぎる事も無く。
誰とも話さず少し先の足元のみを見。
寒くて恐怖はあるのですが歩くことに集中できている自分がいました。
これがクライマーズハイ状態だったのでしょう。

山頂手前、もうどこまでも急で風が強い為着雪しておらず、岩がむき出しになった箇所もあります。
道を選び、人によっては板を外しザックの両脇に付けて移動しておりました。
これが冬山用のザックかー。
自分のザックは板を両サイドに挟めるほどの強度も作りでも有りませんでしたので板を担いで登る必要がある箇所も有りました。
これ転んだら止まらんよ多分。。。。

一歩一歩、確実に、心拍を上げ過ぎず何も考えず。

ただ登る。

気が付くと目の前に山頂が。。。

ああ、来れた!

みんなはケロッとしてたし山頂で遊んでいたけど自分はもうフラフラでございました。
預けていたカメラを受け取りとりあえずここからの縦走、あとは滑るだけの楽しい区間、楽しむ事が出来る!!
ここは体力を温存、ダウンを羽織り風を避けて縦走が始まるのをひたすら待ちます。
ダウンが無かったらヤバかった。
山頂ではしゃぐ皆様。
b0320794_10265375.jpg

b0320794_1027414.jpg


そしてあとは滑るだけのご褒美タイムが始まるぜ~イヤッッホ~イ!
と思ったら。
山頂からの縦走はご覧の有様なのであった。
b0320794_1028674.jpg

雪というか、氷??
b0320794_10282266.jpg

しかも岩がところどころ剥き出し。

これは滑れないよ。。。

しかもアップダウンが有りシールを剥がす手間を考えるともう歩くか、担ぐかして縦走を終わらせなければならない。
ここで悟りました。
バックカントリーをやるにはバックカントリー用のザックは必要です!
b0320794_1028544.jpg

b0320794_10291262.jpg

背負えているメンバーと担いで歩く自分の体力の減りの差は歴然。

ただ気分的には山頂を超え、カメラで景色を撮りながらの縦走は8割が終わったという安心感がありました。
b0320794_10301671.jpg

さすが安達太良山。百名山の一つ。美しい青と白の世界です。
b0320794_1031685.jpg

b0320794_22591034.jpg

樹林帯もないし馬車道は平らだからだらだら滑れるはず!
最後にぐいーっと登り。
いよいよ縦走も終わり。
ここからは高度を下げてまいりますよ~!
シールを剥がしてこの斜面を一気に滑る!
これだこれ!これが私の思い描いていたバックカントリースキーですよ(*´ω`)
b0320794_10313231.jpg

ここからくろがね小屋までは比較的滑れる区間が長く20分ほどでついてしまった。
みんなで移動していたからあまり見てなかったけど(見る余裕が無かった)GPSで小屋の位置を確認。
しかしこの時点でもう15時前後。
くろがね小屋で昼食をしばしの休息。

そして、ひたすら平らな馬車道をゆったりと滑って終了!!
…と思い描いていたのだが実際は違ったとさ。
馬車道は雪が整備されておらずフラットなはずの道は斜面に従い斜めで非常に滑り、いや、歩きづらい。
そしてビミョーなアップダウンの繰り返し。
シールは剥がしているから歩けない。
板を外して歩こうとすると木の根付近の空洞にはまりめり込み足をとられる。
狭い。
斜面。
アップダウン。

ダメだこれ、全然下りじゃねー!!

カメラをザックにしまい本気歩きモードに切り替え。

山頂を踏んだらあーっというまに滑り降りられると想像していた私、ここで悟りました。
少なくとも安達太良山の時計回りゴンドラレスコースは。
20分ほどしか快適に滑れる区間が無かった。
GPSでルートを確認すると。
b0320794_10324661.jpg

総移動時間7:41。総移動距離は11.9km、高低差850mと夏山でもキツイ数値です。

休んでる時間、山頂でみんなが遊んでいた時間を足しても2時間として。
5:40のうちの20分くらいしか滑った印象が無いという事です。

自分の技術力不足もあるのだろうけど、少なくともすみかわのバックカントリースキー(山形なのでPEAK Projectには登場しない)
は登りは登り、下りはずーっと滑れる私が思い描いていたバックカントリースキーだった。
終始吹雪っぽかったにも関わらずクライマーズハイを作るのぼりはじめを意識した結果、5mと視界が無かったがGPSが正しく山頂、下山ルートを示してくれていたので安心感もあり。
とても楽しかった印象が強いのでした。
そして安達太良山の後で行ったからか、非常に楽でした。

おそらく安達太良山も。
行くタイミング。
行くルートによるのでしょうが長く楽しく滑れるコースもあるのでしょう。
しかしそれが全然分からない、天候の崩れとかもあるし安全面でも到底一人で行く危険度、疲労度は夏山の比ではないでしょう。。。

辛すぎる馬車道を抜けて、ショートカットの林の中を抜けます。
ものすごいアップダウン、樹木の間を滑り落ちては止まり、転ぶ。
カメラは完全にバックの中です。。。もうカメラどうなってもいいや~という考えに変わってました。
やはりバックカントリーに一眼レフを首から下げて、は無理があります。
高精度のコンデジの必要性を痛感しました。

うーん、バックカントリースキー。

自分は全然向いていないかもしれません。

少なくとも安達太良山の今回のコースはほぼ登山でした。こういうのは無雪期の方が楽しいかも。
総移動距離11.9km、高低差約850mをシール付きのスキーで歩ききる。
片足10kg超の重りを付けたもはやスキーを履いた「登山」は、夏山のトレーニングにはもってこいです。

この辛さを経験した後にスキーもスノーシューも使わずに山を歩いた時の楽さ加減。
これはいくら重い、ハイカットの靴を履いたとしてもせいぜい片足1.3kgくらいなわけで。
方向転換も踏み抜きの心配もないし。
寒さで死にかける事も無い精神的な安心感。
とにかく雪解け以降の登山レベルの向上感は感動的でした。

それと冬山の良いところはなにせ虫がいない。
うまくロングライド出来そうなルートを探せれば登山とスキーを一日で味わえるという贅沢も味わうことが出来ると思います。

[PR]
by mspeak | 2015-06-17 10:41 | 安達太良山

全てがここにある。奥深いぜ「安達太良山」。

鏡山の大敗後、新たな気持ちで臨んだ2013年9月末。
モンキーフリップトレッキングツアーとして福島では最も人気があると言えるでしょう山。
安達太良山に約20名にて登山。

この日は超初心者の方もいたのでゴンドラを使う時計回りの一番楽で景観の良いと思われるルートをトライ致しました。

山頂1699mに対しゴンドラの終着駅は1300m付近。
高低差400mくらい。

鏡山でビビッていた私はガイドブックの等高線を確認するようになっておりました。
難易度1。体力度1。
斜度も線の間隔を見る限りそうでもなさそうだ。

前回の反省から私の装備は大幅に改善されました。
増えた物は下記です。
①PowerBar パワージェル
b0320794_13155574.jpg

これはハイカロリーを軽量、コンパクトにパッケージングしたカロリー摂取の基本となる物です。
イメージとしては30分から1時間ごとに、空腹度合いに関係なく摂取する事でバテを防げます。
②トレッキングポール LEKI マイクロバリオカーボン

b0320794_13235991.jpg

前回のO氏のアドバイスを元にストック、ではなくトレッキングポールを追加。ストックはスキーですね(^^♪
いずれ欲しくなると思ったのでサイズ調整可能な最も強く軽量なカーボンモデルを購入。
ついでにポール用の手袋も追加。
③行動食
b0320794_1324297.jpg

ジップロックはサイズが選べるし完全防水なので山ではなにかと重宝する。カメラ、トイレットペーパー、行動食などを入れる。
ジップロックに良質な脂肪であるカシューナッツ、バナナチップ、ドライフルーツなどをミックスして携帯。暇があれば食べる事にしました。

逆に減らした物は下記です。
①プロテイン
これは登山には必要ないですね。登山完了後に車で採る分には有りですがザックのスペースをつぶしてまで高タンパクのシェイカーは持っていく価値はございません。
②アミノ酸ドリンク
これもどちらかというとポカリスエットなどのカロリードリンクに入れ替えた方が良いようです。
自分の場合ハイドレーションのドリンクで採るというよりジェルと行動食でカロリーは摂り、ハイドレーションはカビ対策で真水、BCAAのいずれかで良いという結論に達しました。
③虫除けのコイル、熊除けスプレー
安達太良山のような人の列が出来るようなところで線香を焚くと煙害があると思います。こういったものは低山の夏、人気のない山でいいのかな、と。
熊除けもまったく同じ理由です。

結果としてこれらの装備選択は大成功。

安達太良山が比較的楽に楽しめるコースであるという点もあるのかと思いましたが鏡山の後に行くとなんとも楽な行程でしょうか。。。
ポールの効果も絶大(;・∀・)
ここまで楽になるとは。。。!
自分の場合スキーはそこそこの自信がありますのでこのギアの扱いに対して抵抗がないのかもしれません。
行動食のおかげかバテも皆無でした。
大人数で行く場合、自分も予備で多めにカロリー食は持っていっていたのですが他の参加者を助ける事もあるので多めに持っていくと良いのかと思いました。

登山を始めて初めて、周りを見る余裕、楽しめている実感が湧きました(笑)

とにかく安達太良山が人気の理由が良く分かります。
ゴンドラ降り口。凄い人の数。
b0320794_13415146.jpg


足場の良さ
b0320794_1351544.jpg

紅葉
b0320794_1354239.jpg

b0320794_14121641.jpg

高山植物
b0320794_13562425.jpg

山頂付近の日本離れした絶景
b0320794_14246100.jpg

b0320794_1433189.jpg

b0320794_1475665.jpg

b0320794_1493227.jpg


小屋のある安心感
b0320794_14184096.jpg

最高のトレッキングだったと思います。

ただし平日の濃霧の時などはマークを見失い鉄山の方面に降りてしまう事もあるようなので注意が必要です。
山頂付近は天候によってはかなり厳しく、また鉄山は有毒ガスで近年死者も出ています。
また安達太良山はかなりのコースがあり行くルートによっては相当難易度が変わると思います。鬼面山から始まる縦走コースは鉄人専用で今の自分では安達太良山の土に返る自信があるのでやめておきます。
沢登りの入り混じった塩沢コースも橋が流されてしまったようで鎖場がある模様。
デンジャーな感じがプンプンするぜ。。。
この日はトレイルランニングのイベントが開催されていた模様でしたが塩沢コースのようでみなさんひーひー言ってました。。。自分はまだ無理(;´Д`)

また冬はバックカントリースキーなども楽しめるようですがやはり毎年死者が尽きないと。
この時点で私は地図、コンパス、GPSは持ち合わせていませんでした。
一人で冬に行くならGPSは必須でしょう。
安達太良山はレベルに合わせ、またいろんな顔を持ったまさに福島を代表する名峰です。
平和に楽しく終わった安達太良山トレッキングツアー。

まさかこの後もう一度死にかけるとは夢にも思いませんでした(;・∀・)

[PR]
by mspeak | 2014-09-20 10:47 | 安達太良山

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite