福島名峰登頂プロジェクト「PEAK Project」。

mspeak.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二ツ箭山、いわきの名峰で岩場と太平洋を楽しむ。

2015年10月28日。
毎週水曜日が超快晴の連続。2015は私にとって登山の当たり年でした。
当日も超快晴。
雲一つない、10月末だというのに暖かい福島を早朝に出発。
この日はいわきであるという事、焦ると危ない岩場が有るという事も考慮し一日休みの最終水曜日をチョイス。
2015行きたい山ランキング蒲生岳に続いて2番手であった二ツ箭山。
標高は山頂部でたったの710m。
しかしながらスタート地点の標高は200mそこそこと高低差500m以上あります。
山頂部には男体山と女体山という2つの直立した岩があり写真で見るだけでも断崖絶壁確定。
角度で言ったら蒲生岳同等かそれ以上か。
いろいろ調べるうちに大なり小なり事故がある山だという事がわかりました。
直近では2010年に滑落して女性の方が亡くなっていらっしゃるようです。

少ない経験からでも容易に想像出来る事。
蒲生岳同様に手強いに違いない。。。

いわきはやはり福島市のある中通りからすると気温が一段階高いいわき。
スタート地点も期待通りの快晴。
10月は遅いかと思いましたがベストなシーズンでした。

b0320794_18302884.jpg

大きな駐車場もトイレ有り、駐車場台数もかなりありたくさんの人が集まる人気の山である事がうかがえます。

早速スタート!

と、スタート地点は明るい印象でしたが。。。

b0320794_18313661.jpg

一歩登山道に踏み出すとご覧の通り樹林帯の中のコンクリート道。
景観もなく薄暗い印象。

b0320794_1835668.jpg

標識は非常に分かりやすく下部については道迷いの心配はほぼ無しと言えるでしょう。
退屈な下部ですが。

b0320794_1836187.jpg

次第に沢と合流しせせらぎが癒してくれます。
木々の間から漏れるスポット光もテンションが上がってくる。
私の場合スロースタートなのでこのロケーションがはまったというか。

b0320794_18371817.jpg

徐々に沢を登るこのルートのペースが。
とても心地よい山です。
大滝根山同様雨上がりはあまりお勧めできないかもしれません。

b0320794_1838145.jpg

神聖な滝を皮切りに。
b0320794_18394362.jpg

薄暗い山を抜けると世界が変わったかのような光に照らされた急斜面の始まりです。
b0320794_19211824.jpg

b0320794_19214282.jpg

b0320794_1922745.jpg

まるで岩を切り取ったかのような足場をジグザグに心地よく歩く。
b0320794_19245545.jpg

b0320794_19251766.jpg

b0320794_19253913.jpg

急斜面と言ってもあくまで山頂に向けで徐々に徐々に。
紅葉は終わったかと思っていましたが山頂が近づくと大滝根山のような岩と水と紅葉のコラボレーションが見られます。
急斜面が終わると縦走の始まりです。

b0320794_19271692.jpg

紅葉は更に色づきを増し。
b0320794_19282129.jpg

b0320794_1929180.jpg

おお!人だ!
b0320794_19293113.jpg

人に会う事が少ない阿武隈連峰の山でしたがこの山は別物です。
そして来た、男体山女体山の垂直直登コースだ!

b0320794_19303615.jpg

鎖はありしっかりと固定、メンテナンスされている印象は有りますがなんせ足場が悪いというか。
鎖に体をあずけずに補助的に行くというのはほぼ不可能。
鎖を使わざるを得ない登り方。
体力に自信が無い人は途中で上にも下にも行けなくなってしまう事想像に難くない「岩」です。
途中で体力切れになったらやっぱり落ちるしかないだろうなあ、と思われます。
やはり落ちたら死ぬと思います。
この男体山と女体山にはまっすぐに進む今回のルートとは別に本格的なリードルートが何本もあり早くとも1時間かかるアプローチを苦としない方には好評のようです。
そんな鉄人専用コースは見えない事にさせて頂きまして(笑)
私はとにかくPEAKを目指しますよっと。。。

女体山を登り切り後ろを振り返ると景色が開けてきた。

b0320794_19323994.jpg

テンション上がってきたよ~!
b0320794_19334243.jpg

すっかり紅に染まった山頂の紅葉を楽しみながら女体山最後の鎖を登りきると。

b0320794_19364663.jpg

山頂ではない、しかし後に振り返ってもここが事実上の山頂と言えるであろう紅葉、太平洋、岩全てが見えるベンチのある最高の景色が迎えてくれました。

さっきまで一人だった人もいつの間にか3人、4人と増え。
ここ絶景ポイントには4人が昼食タイムを楽しんでいました。


蒲生岳のどこまでも山に囲まれた自然の中心に居るかのような山頂とはまた違った、太平洋がキラキラと太陽を反射させ眩しく、どこかのどかないわきの街並みが見事に調和した素晴らしい山です。。。

これから進む山頂方向は更に色づき紅葉は増すばかり。

b0320794_19393857.jpg

一服を済ませ鎖のある岩場を慎重に歩を進める。

b0320794_19404434.jpg

絵に描いたような岩と紅葉、太陽のコラボレーション。
人気の理由が分かります。

山頂付近になると急に人が増えました。
鎖を使わない反時計回りをピストンするお手軽コースで有れば危険を伴わずに絶景を楽しむ事ができます。

ちなみに歩を進めると現れる山頂が。。。ここ!!

b0320794_1942942.jpg

前評判通り何の感動も景観もねえ(;´Д`)
ちなみに山頂付近は看板が乱打されており少し分かりづらい場面があります。
GPSを持っていたので迷いませんでしたがどっちが正解かと何人かに聞かれる状況でした。

下りは登りに比べると沢も無く、途中の月山という絶景ポイントで男体山と女体山を望む事ができます。

b0320794_19433774.jpg

b0320794_19435963.jpg

下れば下るほど、斜度も緩くなり絶景が幻であったかのような日常に戻る感じです。
b0320794_19445131.jpg

b0320794_19451039.jpg

かくしていわきの名峰、二ツ箭山は終了。
距離にして6㎞弱と短いコースですが見どころ満載、2015の目標の鏡山、蒲生岳、二ツ箭山全てを堪能できた事を実感した一日でした。

[PR]
by mspeak | 2016-03-24 19:45 | 二ツ箭山

大滝根山、阿武隈連峰最高峰の山で渓谷の楽しさを味わう。

2015年10月21日。
標高1192mと決して高くない大滝根山ですが福島中通りとしては最も標高のある山。

とはいえ口太山に行った印象が薄暗く盛り上がりや感動に欠ける感がとても強いものでした。
もう淡々と福島の山のPEAKを踏む。
自分のレベルアップを実感すると同時に難易度や見どころの少ないと思われる山へのモチベーションをどう上げていくか。
これはこれで課題となりつつある3年目の登山です。

大滝根山のPEAKを狙う上で更にイマイチ気乗りしないポイントがありました。
阿武隈連峰最高峰の山の頂に鎮座する自衛隊の駐屯地。

b0320794_13185750.jpg

国を守って頂くのにできる限り標高が高い山がいいじゃんという事なのかもしれませんが山頂に着いた時の印象が人工的な物となる事が分かっているとはなんとも微妙。
全景もご覧の通りなんだか迫力に欠け山頂にうっすらと見える巨大な受信機のようなものがやる気を削ぎます。

まあProjectの目標が福島全山のPEAK制覇ですからもう淡々とこなして大きなカメラでも持って登山筋でも養うか。。。
的なノリでトライ。

ところが前情報を良い意味で裏切ってくれた山。
それが大滝根山でした。

当日は好天の紅葉ドストライクのスポット光の射すこれ以上ない昼間。
アクセスも至って容易、道路から一本曲がれば

b0320794_132096.jpg

b0320794_13211592.jpg

ごらんの登山道へと直結しています。
これといった駐車場はありません。
今は営業していない麓の保養施設脇に路駐か

b0320794_13222531.jpg

ご覧のようなスポーツカー以外ならエントリー可能と思われるワダチを進み登山口まで直進可能です。
登山口脇には車を停められるスペースが約2台分ほどしかありませんので平日の朝イチなので無いとオススメできません。
もっとも今回も出会った人数は0人(;´・ω・)
今では他の誰かといく事の方がペースを作りづらいというか。
マイナーな山にソロで行くのも当たり前になってしまいました。。。
もっともソロで行く場合ピストンで無いと結局は大回りするようなので下の方の駐車スペースで良いのかという感じもしないでもありません。

b0320794_13233563.jpg

車で入れるギリギリのラインはここまで。
b0320794_13243858.jpg

いきなり来た。。。美しすぎる透過光の黄色いカーテン!!
沢の音と黄色のカーテンの木漏れ日が優しく迎えてくれます。
この山は入口は非常に緩やか、かつ沢沿いを並行して歩くコース。
誰もいない、小川のサラサラとした音だけが辺りを包みます。

b0320794_1332264.jpg

程よくメンテナンスの入った一本道を進んでいくと
b0320794_13363541.jpg

苔岩が横たわる雰囲気のある陽だまり有り。
b0320794_13372315.jpg

橋を渡ったり
b0320794_13381099.jpg

バシャバシャと遊びの要素もあり。
雨上がりやゴアテックスではない登山靴での入山は控えた方が良さそうな印象です。
これはもしかして。。。


面白い山なんじゃね??


高度を上げる毎に、思わず沢に身を投じ、水辺ギリギリから広角でとらえる紅葉。

b0320794_1341245.jpg

b0320794_13412415.jpg

b0320794_13433766.jpg

そう、この感じは。

渓谷感?

谷をひたすら進んでいく。
b0320794_13435626.jpg

いろんな葉の色がまるで天然のシャンデリアのよう。
風の谷だ。。。
風の谷の~ナウ~シカ~♪
ナウシカのテーマソングが浮かぶぜ。。。

あぁ。

いいなあ。

とにかく。

岩と。

水と。

木と。

葉と。

光のコラボレーション。

b0320794_13465215.jpg

b0320794_13471429.jpg


なーんでもっとクローズアップされないの!!
かなりいい山なんですけど――!!


歩を進めるといきなりドカンときた。

b0320794_1348229.jpg

急斜面です。
でも日の光がイイ感じで不快感は無い。

今までのトレッキングまったり感がウソのように30度近い急斜面から始まる山頂部1時間の登山。

b0320794_13492891.jpg

山頂に近づくにつれ道幅は狭くなり(落ちたら死ぬやつ)
b0320794_13512622.jpg

やぶ高が高くなり。。。

しかし晴れていればなんですがそこまで危険度は高くないと思われます。
一部分鎖があって踏み外したらやはり死ぬやつですが鎖場になれた人なら短い急斜面ですので特に問題はございません。

山頂付近の急斜面を登りきると
b0320794_13531748.jpg

急斜面から解放された気持ちよさも合いまり、エデンの園にたどり着いたかのように平で広大な山頂間近の藪漕ぎとなります。
落ち葉で分かりづらいですが踏み跡があるので辿っていきましょう。
カメラを持たなければ急斜面から30分で山頂に到着できると思います。

さあ、山頂だ!!

b0320794_13552171.jpg

やっぱりだめだこりゃ(;´Д`)


途中山頂付近まで差し掛かった時にヘリの接近音が聞こえたのですがほんとーに惜しい。
なぜここにフェンスを設けたのか。

b0320794_1356384.jpg

山頂付近はもともとが平らだったのか、削られて平らになったのかイマイチ分かりかねますがやたらと広大で酒盛りが出来そうなスペースだ。
しかしそこに足を踏み入れる事は叶いません。
フェンスにファインダーをべったりとくっつけると近隣の山々が遥か遠方に伺えるのが分かります。

b0320794_1357227.jpg

神社もなんだか空しいぜ。。。
シートを広げて昼食だ―という雰囲気ではない、狙撃されそうな薄気味悪い静けさがありましたので早々に時計回りに退散。
非常に分かりやすく、幅も広く安全な下山道を10分下ると。
b0320794_13581418.jpg

b0320794_1359486.jpg

分岐点に差し掛かった。
左は良い景観が得られそうな街を見下ろす風力発電ゾーン。
右は急ぎ足で下山コース。
山頂からの景色が絶望的でしたのでとりあえずダメ元で風車の方へ足を延ばすと。。。

b0320794_1401410.jpg

ベンチがあってここがなんとも心地の良い風景じゃーありませんか。
背中に感じる自衛隊の駐屯地の事を忘れれば非常に山頂感があります。
そうだ、ここが山頂に違いない。
ここを山頂に認定!!そういう事にしておこう。

一服して一気に下ってお終いかなーと勘ぐっていたが大間違いでした。
時計回り下り。
b0320794_1411433.jpg

山頂付近はハイステップあり鎖有りのなかなか気の抜けない足場。

b0320794_14161539.jpg

転げ落ちると骨の一本や二本持って行かれそうだ。
慎重に歩を進めると次第になだらかに、一本道をだらだらと歩く羽目になります。
GPSで車を停めた地点を計測するとそのまま一本道を歩くとだいぶ大回りになりそうです。
というかそれ以前に退屈でアスファルト歩きが入るのがなんとも気だるいので。

車両停車ゾーンに向けて道なき道をやぶ漕ぎで直進、スタート地点の沢を目指す事に致しました。

人はこうやって遭難するのだと思いました(;´Д`)


次第に藪高が腰辺りへ。
b0320794_14181477.jpg

胸辺りへ。
b0320794_1419722.jpg

最終的に顔を超える。
b0320794_14193750.jpg

道は、有りません。

立ち止まって耳を澄ます。
沢の音は聞こえません。

振り返り来た道を戻れるか検証。
藪は踏み倒された形跡はなく、元の道に出るのも進むのも同じ印象。

正確に方向、位置を追尾しているであろうGPSを信じて道なき道を突き進む。
足場はぬかるみバランスはとりづらい。

30分ほど進んだでしょうか。
下部に行くほど藪高が低くなり、土は水っぽく、沢のせせらぎが聞こえてきました。
一安心だー(;´Д`)
なかなかのスリルでした。

沢に合流。


b0320794_14203237.jpg

泥っぽくなったし靴の泥落としも兼ねて沢歩きも楽しんでしまおう。
土手をかけ登ると大幅なショートカットに成功。


結論。
大滝根山、かなり楽しいんですけど―!!
まさか下山にこれほどのスリルが待っているとは。

大滝根山全体に言える事ですが薄暗い阿武隈連峰の他の山と違い木々の間からの木漏れ日が常に頭上にありノスタルジックで静かな渓谷感を味わい続ける事ができます。
ただし山頂を除いては、です。
PEAKハンターとして楽しめた半面山頂の達成感は今までの山で一番無かったかもしれません。

基地の事は見えない事にして、360度の大展望は次に登るような他の山に譲ろうじゃーありませんか。
風車を見に行きましょう!風車を!

カメラをお持ちの方はなるべく防水の大口径で美しくボケるレンズ、また川辺からまくれる超広角レンズ辺りがあると楽しさ2倍という印象の山でございました。

[PR]
by mspeak | 2016-03-14 14:22 | 大滝根山

森を満喫、口太山。お手軽満喫。

なんだかんだうだうだと正月から休まず働き通した2015の年末~2016の2月。
山の雪も去年に比べぜーんぜん積もらない。
蔵王は有るようだったが福島の山しか行かないと決めていたので今年はパス。
結果寒々しい枯れた景色にどうも山のモチベーションが上がらないまま月日は流れた。。。

そうだ、2015の10月以降のPEAK Projectを上げてなかった!
忙しさを言い訳にしてはいかん。
ちゃんと行っておりました、まとめて上げ続けてまいりたいと思います。
しかし2016年の3月に2015年の10月初旬の報告って。。。スミマセン(;‘∀‘)


紅葉シーズンの始め10月初旬。
会津方面は来年に持ち越し阿武隈連峰の1000m級の山々の紅葉狩りを満喫する事にしました。


私の知る限り2013シーズンは紅葉の不作でした。
2014シーズンは移転オープン騒ぎで山には行けず。
2015シーズンは寒暖の差が強かったのかどの山に行っても紅葉が素晴らしい。

この口太山も夏には適さない低山ですが薄暗い山道のスポット光が木々の間から降り注ぎ。
カメラのテクニックアップにうってつけです。

駐車場もしっかりとアスファルトでできており、エントランスにトイレ有り。

b0320794_18532384.jpg

山頂が伺える山。
b0320794_18535488.jpg

10分も進むとキャンプ場が実質の登山口です。
b0320794_18542623.jpg

b0320794_18544698.jpg

とにかく薄暗い、山間部へのアプローチ部。

b0320794_18552291.jpg

すぐに木が横たわる橋を超え、緩い斜度の散歩道を行く。

b0320794_18555913.jpg

登山というよりハイキング、トレッキングに近い印象です。

沢沿いに降り注ぐ太陽が癒してくれます。
b0320794_18564879.jpg

b0320794_1857790.jpg

b0320794_18572764.jpg

猿滑りの滝からにじみ出る沢の水であった。

道標もしっかりしており下部は迷いようがない。

b0320794_1858846.jpg

もしかすると冬期のスノーシュー歩きの練習にも良い山かもしれません。
暗い道には意味ありげな地蔵が佇み人っ子一人居ない山は良く言えば静か、悪く言えば薄気味悪い印象。

b0320794_18583587.jpg

しかし標高を上げてくると次第に福島市が一望できるようなスポット、紅葉が迎えてくれました。
b0320794_1859930.jpg

途中猿の首取りという岩場あり。
b0320794_18593888.jpg

短いですが急な部分もあり雨上がりなどは注意が必要。
幅の狭い岩地帯が少し続く。

その先にある迷い平。

b0320794_1904286.jpg

突然開ける空き地のような、登りとも下りとも言えない不思議なゾーン。


まさにその名の通り、看板の矢印も道しるべのリボンも急に無くなる。
これは意図的なものなのか?
GPSが有っても山頂までの快適なルートがイマイチ分からず。

結局膝位あるやぶ漕ぎを300mほど強いられる事に。
b0320794_1914160.jpg

スズメバチが活性しているこの時期にこれがなんとも不安になるというか。
山頂が確実に近づいているのが分かるのですがGPS無しだと迷い平の手前を右往左往する事になるかもしれません。
半ば強引に山頂に到着。

b0320794_1921641.jpg

トンビが出迎えてくれた。

登りはじめは晴れていたが山頂の上空はあいにくの曇り空。
しばらく山頂でぼーっとしていると太陽がさしてきて風が何とも心地よい。

b0320794_1924990.jpg

時計回りに石尊神社コースを下る。
b0320794_1931873.jpg

少し急な下りとなるが一本道で迷うことの無い山頂部。
道標もしっかりしている。

b0320794_1935424.jpg

下部にいくほどスタート地点のような森に囲まれた細い道へと変わっていく。
b0320794_1982065.jpg

b0320794_1985187.jpg

難易度、危険度共に地元の小さな山、という印象ではありますが人の居ない山歩き、やぶ漕ぎの練習にはうってつけの山です。

正直蒲生岳の後だった、という事もあってか阿武隈連峰の山というとなんとなく暑くて虫が出て景色がイマイチという印象になってしまいました。。。
これから先、阿武隈連峰やいわきの山を登るに際し会津エリアの高度のある山と比べてどうもモチベーションが上がらない日々が続くのかなーと。

しかし、そんなことは無かったのです!楽しい山は中通り浜通りにもあります!!

[PR]
by mspeak | 2016-03-03 19:32 | 口太山

福島の名峰を全くの初心者がレポート。


by mspeak
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite